スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「そもそもなんで"誰も寝てはならぬ"なんですかぁ?(^^)?」(3/29)

Pavarotti in Hyde Park
 Luciano Pavarotti (tenor)
 The Philharmonia / Chorus
 Leone Magiera (conduct)
DECCA 436 320-2

 いやまぁ何を今更なんですが、訊かれたわけです。↑な風に。昨日。説明しろ言うですか。それはあなたこの年度末の忙しい時に仕事の合間の息抜きショートトークにはしんどいですよ。ああっ、次の会議がぁ~

 というわけで書いて説明することにしたわけです。でもトゥーランドットって説明するのめんどくさいんだよなぁ。まぁ、なんにしてもめんどくさいのに変わりはないんだけど。私の友人がずっと昔、面白すぎるTV番組式説明を開発したのだけど、あれはやつの著作(?)だしなぁ。手短にやってみましょう。


 まぁ要するに主人公のカラフ君・ティムール帝国の王子サマは、とにもかくにもクイズを解いて正体を知らせぬままに中国の姫様・トゥーランドットにクイズで勝って結婚出来ることになったわけです。しかしまぁ何十人と求婚者の首を刎ねてきた剣呑なお姫様、結婚したら鬼嫁間違い無しだと思うんですが、一目あったその日からなんとやらって奴で。愛の力は偉大で盲目です。
 で、この姫様、結婚する気はさらさら無くて、イヤだイヤだとゴネるので、カラフ君、「んじゃ明日の朝までに俺の名前を当ててみろ~♪そしたら首切っていいよ~ん♪」とこれまた脳天気で命懸けなラストチャンスを提供するわけです。ここまで2幕。

 んでもって第3幕冒頭からお触れが出回ります。姫様は権力者ですから、北京の同志人民に指令を出します。夜のしじまに広がる声。「今夜、北京の人民は誰も寝てはならぬ!あの男の名前を解き明かすのだ!朝までにその名前が分からなければお前ら皆死刑だ!」凄いです。
 怯える人民、「誰も寝てはならぬ!誰も寝てはならぬ!Nessun Dorma! Nessun Dorma!」と連呼します。
 それを受けてカラフ君歌うが「誰も寝てはならぬ Nessun Dorma」
 誰も寝てはならぬ......姫様、あなたも眠れはしまい。でも、私の秘密は私の胸の内にのみあるのだ。誰も知ることは無い!そしてあなたは私の口付けに屈するのだ!夜よ明けろ!星よ沈め!私は勝つのだ!勝つのだぁ~♪

 (そんなわけで、誰も寝るな!と歌っているわけではないのです。で、勝つぞ~♪と
 歌い上げるから、この歌をオリンピックの開会式で歌うのに理屈が合う、というわけ)

 .........身も蓋も無い話だ(^^; いやまぁ、この説明で嘘は言ってないと思うんですけど.......
 でまぁこの後また色々と拷問に自決に葬列に強制猥褻にと色々あるんですが、最後は目出度く終わるというのが全編の粗筋。ま、イタリアオペラだし。プッチーニだし。これでめげるようではイタリアオペラは観られない......と思うのだが.............なんかまずいこと書いたかな(^^;;

 正直、そう一生懸命見てたわけではないんですが、荒川選手がトリノで使っていたのはこの Nessun Dorma を中心に、オペラの中からメロディを紡いでいたのだと思います。開会式でパヴァロッティが歌っていたのは Nessun Dorma そのもの。

 ふむ。説明になるな。
 いや、まぁ、ぶっちゃけちゃうとなんじゃそりゃという話で、イタリアオペラ嫌いという人も、大抵はこういう面が嫌いなのかなと思うのですが、そんな話にこんな素晴らしい音楽が付いてきちゃうのがオペラの恐ろしくも楽しいところではあります。
 折角ですのでパヴァロッティに敬意を表して。でも、全曲盤は今更だし、本当は3大テノール盤があるといいんだけど、手許に見当たらないので、すぐ見つかったこのCD。

 1990年のワールドカップ・イタリア大会で3大テノールコンサートをやって大規模イベントの味を占めたパヴァロッティは、その後この手のコンサートをよくやったのですが、これはその内の一つ。ロンドンはハイド・パークでの屋外コンサート。何万人入ったって話だったか。映像で見たことありますが、雨なんですよね。それでも聞き続けるイングリッシュ達。さすがです。Nessun Dorma は一番最後のアンコール。この頃はパヴァロッティもまだ衰えが著しくなかったので、CDで聞いても楽しめます。でも、今見たら、カタログに残ってない............
 この辺の屋外コンサートとかの話は、またの機会に。それはそれで悪くないんですよ。





スポンサーサイト
プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。