スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bill Evans Sunday at the Village Vanguard (4/29)

Sunday at the Village Vanguard
 Bill Evans Trio
RIVERSIDE/ビクターエンタテイメント VICJ-41013

 連休であります。長いお休みです。ばんざーい♪
 今年は長期旅行とかはなしの予定で、まぁ、コンサート三昧です。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンもあるけど、他にも若干。

 で、今日も今日とて出掛けて来たのですが、出先で入ったチェーン店のカレー屋で、ビル・エヴァンスのまさにこのCDの第一曲、GLORIA'S STEP が掛かっていたのでした。いやまぁなんというか、次はこれの話でも書こうかな~と思ってたところにこれですからねぇ。なんでカレー屋なの。「カレー屋で音楽」ってカテゴリー作るか......

 ま、名盤中の名盤ってことで、説明の必要も無いかと思うくらいなのですが、この録音、このCDの更に - というより遥かに - 上を行く人気盤、「ワルツ・フォー・デビー」と同じ日のライブ録音です。で、一概に言って、どうしても人気で負けるんですね。「ワルツ....」の方が楽曲的にもリリカルなのが多いし。特に、タイトル曲もさりながら、口切を担当する"My Foolish Heart"、そして晩年の看板曲にもなる"My Romance"の魅力的なことよ。そして、印象的な、子供か女性かのシルエットをあしらったジャケット。
 そこいくと、全般にドライブ感のある代わり、リリカル度では落ちる「サンデイ....」は少々弱いです。"Alice in Wonderland"はちょっといいですけどね。アルバム名だって、要するに「ヴィレッジ・ヴァンガードの日曜日」だし。大体がジャケットがエヴァンスのポートレートじゃ.......
 で、ちょっとマイナーなんですよね、って話なんですが、カレー屋で掛かるか.....................マイナーじゃないじゃん(爆)

 ええと、音楽としては非常に魅力的です。いわゆる「スコット・ラファロとのビル・エヴァンス・トリオ」でインタープレイがどうした、てな話ですが、そういうことを抜きにしても、GLORIA'S STEPでのベースプレイ(勿論ラファロ)は聞いていて気持ちがいいし、エヴァンスのピアノは実に魅力的な音色だし、今更どうこう言う必要も無いかなと。
 このライブ録音、バックノイズがノイズと言えない位クリアに入ってしまっていて(食器の音とか話し声とか。海賊盤じゃないのに)、それが気になる向きもあると思いますが、気持ちグルーヴィーなこちらのアルバムの方が聞きやすいかも知れません。車に合うのはこちらかな?






続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。