スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾戸智絵:LIVE! (2) JAZZ CLUB SIDE

LIVE!
 綾戸智絵 (piano, Vo)
EWE Records EWCD-0030/31

 私は、納豆が嫌いです。実は、納豆に限らずネバネバと糸を引くものが嫌いです。オクラも、モロヘイヤも、嫌い。ジュンサイは、まぁあれは新鮮なのが出てくれば食べるけど.......あれはそんなにネバネバじゃないしね。まぁ、とにかく、ネバネバネバネバな食べ物は大っ嫌いです。
 だからといって、それが、私がJAZZ CLUB SIDEよりCONCERT HALL SIDEを高く評価する理由ではありません。念の為。何の話かさっぱり......という人はこのCD聞いて下さい。いやまぁそれだけのことなんですが.....................

 閑話休題。
 まぁ、確かにこちらのJAZZ CLUB SIDEの方は色物満載であります。MCもお笑いの連続だし、口トランペット(ルイ・アームストロングばり?)はおろか口ビッグバンドまで出てくるし、そこが楽しいのは間違い無し。綾戸智絵といえばやっぱりこれでよう。魅力満載、これぞ綾戸のライブ!ええ、まぁ、そうなんですけどね。
 でも、やっぱり音楽的には、CONCERT HALL SIDEの方がいいなぁ、と思うのですね。こっちの方は、音楽も悪くは無いけど、それよりも「ライブらしさ」の方が先に立つかなぁ。それがいいんですけどね。
 こちらのCDは、だから、そういう「なんじゃこりゃ」的パフォーマンスを是非聞いて頂きたい、ということになりますね、やっぱり。
 というところでは、拘腹絶倒七転八倒のMCを戴く "Georgia On My Mind" が白眉というところでしょうか。MCに気を取られますが、実はこの歌も物凄く濃いブルースに仕上がっていて、素晴らしいのですが..........MCがなぁ。
 MCの内容を言ってるんじゃないんです。MCに引っ張られて曲を聴いちゃうから、「MCがあんなに面白い上に歌も結構いい」みたいな珍妙な話になってしまうという....................... だから、私は、CONCERT HALL SIDEの方が好きなんですけどね。綾戸ねぇさん、サービス精神旺盛だからなぁ。いいんだけどさっ

 面白い、という意味で結構好きなのは、5曲目の「口ビッグバンド」炸裂の "Give Me The Simple Life"。パフォーマンスとして面白いですよ。歌としては、それに続いての "Everybody Everywhere" もいいなぁ。こっちのCDでは、この辺が一番いいかな。

 それと、これはこのアルバムに共通して言えることなのだけれど、どちらも録音が大変いいです。全般にとてもクリアな音質。CDなら皆同じ?いえいえそうではないのです。どちらもかなり「実際に聞こえる音」を意識して音作りをしてると思います。だから、それぞれの録音が持つ "空間感" とでも言うようなものが結構濃厚なのですね。
 JAZZ CLUB SIDEではより狭い空間で、MCもとてもクリアに聞こえます。本当は、実際の今時のライブハウスではPAを入れるのが一般的なので、このCDほどにはクリアには聞こえなかったりするのですが。更に言えば、ピアノと歌のそれぞれがそれぞれにクリアに入ってます。だから実際にライブハウスで聞くと、ここまでのライブ感は出ないかも?
 CONCERT HALL SIDEでは、むしろ、やや距離を取って、響きをたっぷり取った、ああ、如何にもコンサートホールだなぁ、と感じさせる録音になってます。音が響く空間が用意されてるような感じ。こちらの会場になった札幌のキタラホールは一度だけ行ったことがあります。旅の途中で、たまたま小曽根真と塩谷哲のデュオだったのですが、残響がかなりたっぷり取ってあって、でもそれと同時に十分な広さを持っているので、よく響くけど不自然じゃないんですね。
 この録音は、その感じがよく出ています。気持ちいいんだよなぁ、やっぱり、これ。
 優秀録音というのとはちょっと違うかも知れませんが、楽しいのは確かです。聞く上では素晴らしいですね。




スポンサーサイト
プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。