コープマンのハイドン交響曲 (6/27)

F.J.ハイドン:交響曲第44番 ホ短調 Hob.I : 44 <哀悼> / 第45番 嬰ヘ短調 Hob.I : 45 <告別> / 第49番 ヘ短調 Hob.I : 49 <受難>
  アムステルダム・バロック管弦楽団
  トン・コープマン (conduct)
 ERATO / ワーナーミュージック WPCS-11111


 3月に、トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・アンサンブルの公演を聞きに行きました。で、なかなか面白い演奏だったので、終演後によくある「CD購入者にサイン会」というのに並ぼうかな、と珍しく思ってしまったのでした。
 でも、結構持ってたりするんですよね、コープマンの演奏って。持ってないのは何か無いか.....と色々見ていて、「おお、これ持ってないし」と思って買ったのが、このCDだったのであります。故に、このCDのジャケットにはコープマンのおざなりな雰囲気がなくもないサインが(笑)

 1766年から1773年くらいまでのハイドンの作風を称して「疾風怒濤期」というのだそうです。まぁ、この呼び名の元になった文芸上の思潮などからして、あまりそう呼ぶには適当でないらしいのですが、そもそも「そういう呼び名があるのね~」てなもんなので、なんとも言い様がないのでして(笑)
 その時期に当たる交響曲3曲を選んで収録しているのがこのCDです。その名も「哀悼」「告別」「受難」。例によって、一つとしてハイドン自身が付けた名称は無いそうです。

 今年はハイドン・イヤーということで、ハイドンの曲を聞く機会も多く、交響曲も色々聞いていますが、ハイドンって、本当に弦五部さえきちっと聞ければ、ちゃんと聞けてしまうのが面白いというか凄いというか。
 ライナーノートによると、この録音では、総勢16人で演奏しているとか。弦五部は3-3-2-1-1だそうで、かなりタイトな編成です。確かに言われてみるとバロックの古楽演奏みたいな響きでもあって、なるほどとは思うんですが、その割に違和感はありません。確かにハイドンの比較的若い頃の作品でもあるし、ということもあるでしょうけれど、まずはアムステルダム・バロック・アンサンブルの演奏が充実した響きを聞かせるから、というのが大きいと思います。しっかり聞かせてくれるので、小編成でも十分音楽を聞かせてくれる、といった所だと思うのです。
 きちんと演奏されれば、編成に関わらずハイドンの交響曲は十分聞ける、の所以であります。まぁ、録音で聞いているから、というのもあるとは思いますが、ちゃんと聞こえるべき声部が聞こえれば違和感はない、というような。むしろ、このタイトな感じは聞く側を程良く集中させてくれます。いや、タイトではあるけれど、決して痩せた音ではありません。小編成なりに豊かな響きがある。
 本来、いわゆる古楽演奏というのは私はあまり好きではないのですが、それも結局は演奏方法とその中身の問題。きちんと聞かせてくれれば否やはないのであります。

 しかし、ハイドン・イヤーとして鳴り物入りで始まった今年ですが、半ばにしてちょっと失速気味というか、あまり注目度が上がらないようですね。この交響曲集など聞いていると、典雅な趣の中にも変化があって、結構面白いと思うのだけれど、やはり身振りの大きい大曲の方に目が行ってしまうのでしょうか。「ハイドンの交響曲=ザロモン・セット」みたいになってしまっているのもあるのかな。「初めてハイドンを聞きます」というような人だったら、むしろこの辺の曲の方がいいんじゃないかと思うんですけどね。ザロモン・セットを聞いていると、ついつい「モーツァルトでもいいや」「ベートーヴェンの方がいいや」「ロマン派の方がダイナミック」みたいになってしまうような気もしないでもないし。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード