メルキト教徒の聖歌(4/18)

Chants sacres de l'Orient (traditon melchite)
 Sister Marie Keyrouz
Harmonia Mundi HMA1951497

 キリスト教の聖歌、というと、ああ、グレゴリオ聖歌ね、と思われる方が多いと思いますが、実際には聖歌というのはいろいろあります。カソリックだけでもグレゴリオ聖歌のほかにアンブロシウス聖歌(ミラノ聖歌)があります。プロテスタントではいわゆる聖歌はありませんが会衆による合唱の習慣はあるので、賛美歌がそれにあたります。東方教会では、ビザンツ正教の流れを汲むギリシャ/ロシア正教の聖歌がありますし、グルジアやアルメニアに行くと独自の発展を遂げた聖歌があります。そして、近東・アフリカにも独自のキリスト教があります。コプト教会の聖歌は有名。メルキート派というのは、ビザンツの流れを汲みつつレバノン等に残った独自の教会で、メルキートとは皇帝を意味するのだとか。

 これがですね、面白いと言うか、とっても変わってるのですね。聖歌ですが、感覚的にはイスラムのコーランの朗誦を思い浮かべるような感じです。明らかに、節回し、音階はイスラムの影響を受けています。ま、そりゃそうだよなぁ、イスラム優位の土地で1400年だもんなぁ。これ、アザーンだよ、って言われたら、一瞬迷うかも。
 そういえば、これ、バックの通奏低音みたいな合唱を従えて、マリー・キーロウズという修道女さんが独りで歌ってます。それも聖歌としてはやや風変わりな点でしょうか。グレゴリオ聖歌なんかの場合、大抵は男声で、複数人で合唱するという形式ですから。
 音楽自体は.....癒し系?ま、私、音楽に癒しを求めるタイプじゃないのであれですが、変な音楽であるのは確かですよ。世界にはこういう祈り方もあるのだな、と。

 ハルモニア・ムンディ、世界の調和というか世界のハーモニーという意味で、フランスのレーベルですが、こういう珍妙なのも出してます。ま、元々古楽に強いので、その関係だとは思いますが、得難いレーベルです。




コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード