KELLY BLUE/ウィントン・ケリー(4/22)

KELLY BLUE
 Wynton Kelly (piano)
 Nat Adderlet (cornet)
 Bobby Jasper (flute)
 Benny Golson (tenor sax)
 Paul Chambers (bass)
 Jimmy Cobb (drums)
RIVERSIDE/ビクター VICJ-41041

 取り敢えず名盤と呼ばれる内の一つです。リバーサイドは、ブルーノートと並ぶ、と言ってよいジャズの名門レーベルです。ウィントン・ケリーは、マイルス・デイビス・バンドで弾いたこともあるピアニスト。
 という割にアレなんですが、何と言うか、大人しいんですよね。古いと言えば古い。1959年録音ですが、その年代以上にオーソドックスというか、大人しいというか、そんな感じがあるんですね。

 セクステットですが、実は6人でやっているのはボーナス含め8曲中3曲のみ。ボーナス抜きのオリジナルでは6曲中2曲のみ。実は隠れピアノ・トリオ盤でありまして。そうやって聞くと、おなじみポール・チェンバースのベースとかは相変わらずなんだけど、ちょっとピアノの語法が古いかな?
 人によっては、アップテンポの演奏がノリやすいと言う向きもあるかも?うーむ、でも、やっぱり、もうちょっとコード進行とかいろいろある方が楽しいかなぁ........





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード