Bill Evans Sunday at the Village Vanguard (4/29)

Sunday at the Village Vanguard
 Bill Evans Trio
RIVERSIDE/ビクターエンタテイメント VICJ-41013

 連休であります。長いお休みです。ばんざーい♪
 今年は長期旅行とかはなしの予定で、まぁ、コンサート三昧です。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンもあるけど、他にも若干。

 で、今日も今日とて出掛けて来たのですが、出先で入ったチェーン店のカレー屋で、ビル・エヴァンスのまさにこのCDの第一曲、GLORIA'S STEP が掛かっていたのでした。いやまぁなんというか、次はこれの話でも書こうかな~と思ってたところにこれですからねぇ。なんでカレー屋なの。「カレー屋で音楽」ってカテゴリー作るか......

 ま、名盤中の名盤ってことで、説明の必要も無いかと思うくらいなのですが、この録音、このCDの更に - というより遥かに - 上を行く人気盤、「ワルツ・フォー・デビー」と同じ日のライブ録音です。で、一概に言って、どうしても人気で負けるんですね。「ワルツ....」の方が楽曲的にもリリカルなのが多いし。特に、タイトル曲もさりながら、口切を担当する"My Foolish Heart"、そして晩年の看板曲にもなる"My Romance"の魅力的なことよ。そして、印象的な、子供か女性かのシルエットをあしらったジャケット。
 そこいくと、全般にドライブ感のある代わり、リリカル度では落ちる「サンデイ....」は少々弱いです。"Alice in Wonderland"はちょっといいですけどね。アルバム名だって、要するに「ヴィレッジ・ヴァンガードの日曜日」だし。大体がジャケットがエヴァンスのポートレートじゃ.......
 で、ちょっとマイナーなんですよね、って話なんですが、カレー屋で掛かるか.....................マイナーじゃないじゃん(爆)

 ええと、音楽としては非常に魅力的です。いわゆる「スコット・ラファロとのビル・エヴァンス・トリオ」でインタープレイがどうした、てな話ですが、そういうことを抜きにしても、GLORIA'S STEPでのベースプレイ(勿論ラファロ)は聞いていて気持ちがいいし、エヴァンスのピアノは実に魅力的な音色だし、今更どうこう言う必要も無いかなと。
 このライブ録音、バックノイズがノイズと言えない位クリアに入ってしまっていて(食器の音とか話し声とか。海賊盤じゃないのに)、それが気になる向きもあると思いますが、気持ちグルーヴィーなこちらのアルバムの方が聞きやすいかも知れません。車に合うのはこちらかな?






AUTHOR: 木曽 URL: http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/ DATE: 05/02/2006 22:31:44 こんにちは。たぶんはじめましてです?
私、Waltz For Debby より、Sunday at the Village Vanguard のほうが好きです。
ラファロのベース、こっちのほうが生き生きしているようで、
つられて(?)エヴァンズのピアノも、より快調にスイングしているような。
しかしこのジャケットのエヴァンズ、暗いですよね。
もうちょっと何とかしようがあったでしょうに。
Portrait in Jazz のエヴァンズは、銀行員みたいだし、エヴァンズのポートレイトはどうも・・・。
Undercurrent みたいな名ジャケットもあるのになあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

preludeさん>
どうもです。お休み突入ですね~
エヴァンスは、実は一番沢山CD持ってるピアニスト、一番CD聞いたピアニストだと思います、多分(笑)

で、なんかですねぇ、リトル・スプーンとか、最近、カレー屋がちょっとおっされーな振りをしているのですよ。私を見捨てて(--;
スープストックあたりもカレー屋と見做すと、おっされー路線は確実に拡がっています。
いやそれがいかんとは言わないが、厚切りカツカレー大盛り温泉卵とキャベツとコロッケ付きとか頼みたい身には、無理して肩身を狭くしなければ生きていけない辛い時代になりました.....(/_;)
嗚呼、あの素晴らしい特盛をもう一度!(謎)


プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード