ドイツ民謡を救え!? (5/18)

SOS - Save Our Songs! Deutsche Volkslieder neu arrangiert
 Singer Pur
OEHMS Classics OC560


 やっとメンテが明けました。

 このblogも、ささやかながらアクセス数が5000を超えました。皆様のお陰であります。
 更新はすぐ滞る、内容は大雑把、blog主はものぐさでTBもあまりしないし、露出も少ないし、やる気が足りなさそうなblogですが、それでもなんとか開設ほぼ1年にして5000アクセスってのは、検索ロボットとかで結構稼がれてるだろーなーとか思いつつも、まぁいいんじゃない?と思っております<志低し(^^;
 ともあれ、おいで戴きまして有難う御座います。今後も宜しく御願いします。


 てなわけで今日の1枚。

 SOS - Save Our Songs! ってタイトルで、副題として German folksongs newly arranged とあります。Deutsche Volkslieder、ドイツ民謡ってこと。ジャケットは、緑の野原にぽつんと立つ、"SOS"の表示のある緊急連絡用電話。しかし、何故にSOS?
 要するにですね、ドイツ民謡、まぁ Volkslieder って表現が一番リアルなんでしょうが、は、言わば巨大な歌の宝箱として大事にタイムカプセルで眠っていて、といったところでしょうか。.......そうなのか?でもまぁ、キング・シンガーズがイギリス民謡を歌っているのを引き合いにしているあたり、気持ちは分からなくはないです。
 で、俺達が再生してやるんだ!とばかりに新しいアレンジで挑戦したのがこのCDのようでして。Singer Pur という、見ようによってはふざけた名前の団体です。

 で、このCD、どうかといえば、まぁ面白いです。確かにドイツ民謡というと、ロマンティシズム溢れたタイプと、あとは少年合唱団、みたいなのになってしまいがちですから、その点こういう演奏は面白いです。新しいアレンジという意味では確かに新しいですが、ア・カペラでやっているので、それほど違和感はないですね。むしろ新鮮さが増した分だけ楽しいかも。いや、この新鮮な感じは、歌ってる人達の若々しさがそう感じさせるのかな?
 とはいえ、最後に入っている、「ブラームスの子守唄」なぞは、これはもうかつてのハイファイセットかゴスペラーズか、なんともJazzyなアレンジであります。こりゃぁ別の意味でSOS?いやいやそんなこともないでしょう。確かに、ドイツ民謡とかは、結構面白いのにそれほどは聞かれないですからね......ウィーン少年合唱団くらいかな?「聞かれてる」って言えそうなのは。このくらいのもあって丁度いいかも。いいアカペラを聞いてみたい人にはお薦めです。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード