スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ:なごり雪 (2/11)

たとえばこんなCD...

 いやまぁあのですね、季節ものだし........って、そもそも今年は雪降るのか?

 実は、私、1970年代の日本のポップスにはちょっと詳しいのです。なんでかというと、私が中高生くらいの頃、というのは1980年代ですが、ラジオの深夜放送で、70年代の日本のフォーク・ニューミュージックばっかりかける、という、大層変な番組があったのですね。淡々とひたすら曲を二時間掛け続けるというスタイルで、1年くらいで終わってしまったと思うのですが。
 神田川とか、心の旅とか、遠くで汽笛を聞きながらとか、22才の別れとか、今にして思うと中学生そんなもん聞いてる場合か?てなとこですが、これがまた中高一貫男子校だったもんだから、かっこつける必要が無いと言えば無いという..........(笑)
 いやまぁいい曲だしねぇ、そういうニッチな路線も.....<自己フォロー

 で、イルカもその絡みで聞いていたのでした。結構好きでしたねぇ。海岸通とか。今だと「海岸通」っていうとアジカンでしょうかは?それも分からない?ごもっとも.....
 まぁそれはそれとして、なごり雪、名曲であります。いい曲です。元は、かぐや姫の伊勢正三の作曲なので、シンガーソングライターとしては....(笑) って話ではあるんですが。でも、いい曲だからいいの。「春が来て君は綺麗になった」んだから、本来は男性が女性に向けて歌う歌なんでしょうけど、どこか中性的なところのあるイルカに歌われると違和感無いんですよね。そういや、高校3年の時、音楽の授業で期末試験に「何でもいいから歌え!」って言われて、これ歌いましたっけ。シューベルトでも歌ったって良かったんだけど、「歌う代わりに伴奏で単位ゲット」という奴が伴奏してたんで、流石に「菩提樹」とかリクエスト出来なくて........(^^;

 最近はいろんな人がカバーしてるそうで。平原綾香とか、徳永英明とか。好きな曲がそんな風に語り継がれ、歌い継がれていくのかな、と思うと、少しばかり嬉しくなるものです、ハイ。汽車は勿論、今では列車で東京を去ることも少なくなったろうし、そもそも東京で雪が見られるのか、甚だ心許ないのではありますが、それでも、やっぱり残り続けて欲しいものです。と、今年は東京は雪が降らないかも知れない、というニュースを改めて見ながら思うのでした。

 #でもさぁ、先々週くらいだったか、降ってたよ?ちょっとだけど.....



AUTHOR: 煙の男. DATE: 02/13/2007 23:52:58 どういう訳か、今月のギターマガジンに「なごり雪」が
採譜されてるんです。ブームが来てますか(笑)
フォークソングという通り道は、辿って来てよかった。
手紙のように語りかける歌詞が、心に刻まれてます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。