スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラ・ボエーム」抜粋(エレーデ、コーンヤ、ディースカウ、ローレンガー、シュトライヒ) (2/18)

G.プッチーニ「ラ・ボエーム」抜粋(ドイツ語歌唱)
 シャンドール・コーンヤ(tenor)、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(bariton)
 ピラール・ローレンガー、リタ・シュトライヒ(soprano), etc
 ベルリン国立管弦楽団
 アルベルト・エレーデ(conduct)
Deutsche Grammophon/ユニバーサルクラシック&ジャズ UCCG-3370

 これ、全曲盤持ってないんですよね..........くしょー。

 グラモフォンはドイツのレコード会社なので、当然ドイツローカルな仕事も沢山あっておかしくないわけです。日本ではたまにしか見かけませんが、詩を朗読した録音なんてのも実は結構あります。日本でも、文学作品を朗読したものはありますが、ドイツなどではそれが至極一般的に、沢山作成されていたりします。
 この録音は1961年。この頃、グラモフォンは「ドイツ語で歌われた非ドイツ語原作のオペラの録音」というのを結構やっていて、そんなものをわざわざ録音するくらいだから、結構歌手が粒揃いなのです。いいんだわこれが~♪聞けば、何故こんな録音を重ねたのか、自然に納得出来るかと。

 ボエームです。ボエームなのに、ロドルフォは"Che gelida manina" ではなく、"Wie eiskalt ist dies Haendchen" と歌い出すのです。ああそれなのにそれなのに、なんとこの人達の歌の素晴らしいことか!
 そりゃぁオペラは歌唱芸術で、歌唱芸術というのは元の歌詞と密接に関係があるのが普通で、であればやはり原語上演がいいに決まっていて、イタリア語で書かれた音楽をドイツ語で歌うなんて、ではあるけれど、でも結局歌というのは歌い手の勝負なのです。コーンヤの貧乏学生らしからぬ歌唱であっても、それが素晴らしければ知ったことか!ローレンガーとの二重唱、シュトライヒのムゼッタの素晴らしいこと。そして、ディースカウ。

 実はこのシリーズ、日本版で出た時にまとめて買いました。目当てはディースカウ。ドイツ歌曲の第一人者で、でもオペラではそれほど録音も多くなくて、あまり高い評価も得ていませんが、この人本当は歌えるのです。というより、素晴らしい。勿論、スタイルとしては決して合ってはいないかも知れないけれど、これを聞き逃すのは如何にも惜しい。
 この録音でも、コーンヤとの4幕の二重唱など、ボエームらしからぬネットリとした歌唱を聞かせてくれますが、これがなんとも言えずいいのです。イタリア語でないことはもう問題ではない。この二人の端正な美声が醸し出すハーモニー。これに匹敵するのは、自分としては、ベルゴンツィとバスティアニーニの重量級と、パヴァロッティとドミンゴによるものくらいかなと。「パヴァロッティとドミンゴ?」はい。あるのです。METのガラ・パフォーマンスで。
 そういえば、後年、ベルゴンツィとフィッシャー=ディースカウは、原語での二重唱集をORFEOに録音しています。このボエームの二重唱も入っています。「ディースカウのイタリアオペラ」で疑念のある向きは、是非これをどうぞ。声は衰えているので限界はありますが、素晴らしいですよ。

 エレーデの捌きも見事。ここはこうきて欲しいと言うところにきっちり合わせてくる。こちらが聞き慣れているから、といわれるかも知れないけれど、やはりこの辺の呼吸の見事さは流石です。歌手といい、オケといい、これは確かに勿体無いから録音しようと思うよな、と思います。




TITLE: 「エフゲニ・オネーギン」抜粋 (3/3) URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/27955/2613653#2613653 IP: BLOG NAME: Verdiのレコード置き場 今日車で聴いたものblog DATE: 03/04/2007 03:58:23 P.チャイコフスキー「エフゲニ・オネーギン」抜粋(ドイツ語歌唱)  フリッツ・ヴンダーリッヒ(tenor)、イヴリン・リア(soprano)、マルッティ・タルヴェラ(bass)  ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(bariton)、ブリギッテ・ファスベンダー(mezzo Soprano)  ミュンヘン国立歌劇場管弦楽団・合唱団  オットー・ゲルデス(conduct) Deutsche Grammophon/ユニバーサル・クラシックス&ジャズ U...
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。