ハナ肇とクレージーキャッツ (3/27)

ハナ肇とクレージーキャッツ
 (BIG ARTIST best COLLECTION)
東芝EMI CT25-9040


 私如き若輩者がクレージーキャッツについて語るなどおこがましいのではありますが、やはり触れずには居られないのであります。(しかしなぁ。このblog、何でもありのつもりで始めたとはいえ、ついにクレージーキャッツについて書く日が来ようとは想像もしませんでしたよ..............しかし、BIG ARTISTなんだ......)

 私がクレージーキャッツを知ったのは、学生時代のことです。勿論リアルタイムではありません。当時、教養課程で、法学部の癖に「音楽による作文演習」というふざけたゼミがありまして、そこでの学友に教わったのです。こやつも変な奴でしたが....もとい、今でも変ですが、妙な嗅覚を有していて、クレージーキャッツを発掘して来たのですね。その暫く後に、リバイバルでブームが来て、挙句に紅白にも出てしまったというわけで。
 このリバイバルがあったものだから、私の同年代は概ねクレージーキャッツは分かるのですね。実はつい先週も、ほぼ同期に当たる同僚と、いやはややってられんよなぁ最近の状況は、とか言いながら、いつのまにか"ふざけやがって、ふざけやがって、ふざけやがってコノヤロー! ....泣けて~く~る~♭" などと口ずさんでいたのでありました。いえ、仕事場で。........仕事しろよ>自分
 ま、ほら、サラリーマンは気楽な稼業ときたも~んだ~♪ですからね。ええ、私、学生時代からそういうもんだと思ってますが......................('-')? アレ?

 で、このCDも当時から持ってるものですが、実はここ最近はまともに聞いてませんでした。だって、聞かなくても歌えるし......上述の通り。
 ま、このCD、基本は押えております。ドント節も遺憾に存じますも入ってる。遺憾に存じます の、ビートルズ風のどっかで聞いたようなイントロから異世界への突入もなかなか楽しゅう御座います。勿論スーダラ節も入ってる。でも、一番好きなのは ハイそれまでョ なのです。無責任一代男も入ってるな..............ねぇ。
 なんていうか、考えてみりゃ随分な話ですけどねぇ、こういうの(笑)でも、こんなもんがあるからなんとかやってられるような気もするので。こちらもサラリーマン稼業はやってますが、腹の立つことも一杯あるし、やんなっちゃうことも多いけど。でも、「人生で一番大事なことは、タイミングにC調に無責任♯」って喝破されて、「こつこつやる奴ぁ ご苦労さん!」と言われりゃ腹も立つかと思うのだけど、まぁ、そんなもんだよなぁ、とどっかで思ってるから、まだやってられるのかとも思います。そんなもんじゃないかも知れないけど、本当は。

 クレージーキャッツの映画も幾つか見ましたけど、昭和40年頃には、ああいう映画見て、歌聴いて、笑い転げて、楽しかったでしょうねぇ。やなこともあったろうけどさ。


 植木等。享年80歳だそうです。合掌。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード