スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュライヤーのシューベルト (4/2)

シューベルト歌曲集
 ペーター・シュライヤー (tenor)
 ワルター・オルベルツ (piano)
ドイツ・シャルプラッテン/徳間ジャパン TKCC-15090


 この週末は、あんこうを食べに茨城の方へ行って来ました。で、東京に戻るや上野でエディタ・グルベローヴァのリサイタル。その話は別棟で書いたのですが、どうやら久々に歌物の脳内スイッチが入ってしまったようです。というわけで、当面歌物のエントリーが続きそうです。こないだもそんなこと言ってましたが、今回は本格的にスイッチが入ってしまったので、なかなか抜け出しそうにありません。

 というわけで、今日はグルベローヴァかというと実はそうではなくて、シュライヤーなのです。シューベルト歌曲集。またシューベルト?はい、そうです。シューベルトの歌曲は汲めども尽きぬ泉のようなもの。
 シュライヤー。確か昨年歌手としては引退してしまいましたが、一昨年に来日して告別コンサートを開いていきました。私はシューベルトやブラームスを歌った回を聞いたのですが、流石に衰えは隠せませんでした。ただ、数日後の水車屋か何かを歌った際は、大変良かったらしいので、ちょっと勿体無いことをしたかなと。
 元々エルベ流域の生まれだそうで、ドレスデン、後にはベルリン(東)を活動の中心とした、東独随一のテノール歌手でした。東独随一、というのが幸いしたのかどうなのか、少なくとも旧東独の流れを汲む、ドイツ・シャルプラッテン、今ならedelといったレーベルの系統ですが、ここには少なからず録音が残されていて、今なら入手可能で、しかも比較的廉価です。
 このCDもその内のひとつ。シューベルトの歌曲を収めたアルバム2枚を一つにまとめています。但しCDでも2枚組み。1枚あたり40分少々なので、1枚に入らなかったんですね。まぁ、無理に1枚に収めて1曲2曲削られるよりはよっぽどいいです。

 1971年から72年にかけての録音で、シュライヤーは生まれ年が1935年だそうですから、36~7歳の時の録音ということになります。とてもクリアな声です。最近でもそうでしたが、この録音でのシュライヤーは、本当に綺麗な声。美声とはこういう声をいうのでしょうね。実演で聞く限り、決して声量が無いわけではないのですが、ちょっと聞くとあまり声量が無いのかな、とつい思ってしまうようなすっきりした声。普通、声量があるというと、どうしても響く声をイメージしてしまいますのでね。響いてないわけでは無いけれど、いわゆる「朗々とした」という聞こえ方ではないので、そんな風に感じてしまう。勿論、こういう声で、きちんと聞こえる方がいいに決まってはいるのですが。
 曲目を見れば、お馴染みの曲が多く入っていますので、ついついそういう曲に目が行ってしまいます。その中では、2枚目に入っている「笑いと涙 Lachen und Weinen」が面白い。この曲、有名曲ではありますが、どちらかというと女声で歌われるものの方がしっくりきます。軽やかで可愛らしい前奏で始まる、リリカルな小曲です。「人を愛する時笑いと涙がいつもつきまとう」という詞ですが、この軽やかさが、男声、特にバリトンなどの低声にはどうしても合わない。じゃぁテノールならいいのかというと、正直、ボストリッジあたりに歌われちゃうと、それはそれで芸がありすぎて困ってしまうかなと。シュライヤーのクリアな声はこの曲によく合います。
 その次には「君は我が憩い」が入っています。まぁ、この曲、個人的にはある程度以上の人が歌えばみな名演になってしまうのですが(^^;、それにしてもシュライヤーのクリアな声が生きてます。詞の最終節の繰り返しでの表現と処理は、バッハ歌いとしてのシュライヤーを彷彿とさせるもので、ここだけみたらディースカウでも敵わないかも知れません。
 1枚目もそこそこ知られた曲が入ってますが、そういう曲に限らず面白いです。

 結局、なんだかんだ言っても、自分も御多聞に漏れずで、「綺麗な声」には圧倒的に弱いのかも知れません。強いて言えば、シューベルトなればこそ、「綺麗な声」、クリアな声が尚更に生きるのかも知れません。

 伴奏のワルター・オルベルツは、この時期幾つかの録音で顔を出している常連。まぁ、取り敢えず宜しいんではないかと。
 録音は良好。この時期の東独もの、なんていうと如何なものかという気もしますが、実際にはとてもクリアな録音です。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。