プラジャーク四重奏団:ドヴォルザーク「アメリカ」 (5/12)

The Most Famous Czech String Quartets
B. Smetana String Quartet No.1 "From my life" / No.2
A. Dovorak String Quartet No.14 / No.12 "The American"
L. Janacek String Quartet No.1 "Kreuzer Sonata" / Violin Sonata / String Quartet No.2 "Intimate Letters"
Prazak Quartet
Sachiko Kayahara (piano)
PRAGA PRD 350 014

 久々のエントリーです。で、久々だけど、相変わらずラ・フォル・ジュルネ繋がり(苦笑)

 今回のラ・フォル・ジュルネでの収穫の一つが、プラジャーク四重奏団を聴けた事です。プラハ音楽院の学生4人で1978年頃結成し、以後30年近く活躍している団体ですが、不明にして今回までは生で聞いたことがありませんでした。

 いやぁ、これが良かったんですよね~
 音がね、いいんですよ。日本では、一般には弦楽四重奏とか言うと、かっちりした音作りで、構成をきちっと組み立てて、みたいなのがいいと思われる節があるのですが、個人的には響きのいい団体の方が好きです。やっぱり聞いてて楽しいですしね。
 で、プラジャーク四重奏団。チェコの団体ということで、スメタナ四重奏団への連想もあって(一時期、スメタナSQのチェリスト:アントニン・コホウトの、プラハ音楽院でのクラスで助手をしていたそうです)、CDで聞いてもなかなか良さそうだったので、前から一度聞いてみたいとは思っていました。
 で、実際、都合4回にわたって聞いたのですが、やはり良かったです。予想通り音がいいのです。弦楽器の響きがちゃんとある。正直、とても上手だとかいうわけではないし、ムラもあるのだけど、やはり聞いてて楽しい、というのは基本中の基本ですね。
 で、ムラがあるにはあるけど、はまれば本当に素晴らしいのです。今回聞いた中での白眉が、「アメリカ」の第2楽章。アメリカに移住したチェコ人達の村で書かれたという、独特の雰囲気を湛えたこの曲の中でも、もっともメランコリックでカンタービレな楽章ですが、ここの演奏が本当に凄かった。音、響き、歌わせ方。およそこれ以上は望めまい、というほどの出来。本当に、生演奏を聞き続けているのは、年に1度あるかないか、こういう演奏を聞けることがあるから、というくらいの演奏でした。

 で、話を元に戻すと、プラジャーク四重奏団については、モーツァルトを1枚持っていたのですが、今回ラ・フォル・ジュルネを前に入手して聞いてみたのがこの3枚組みお買い得(PRAGAとしては)CD。

 いいんですよ、これが~
 取り敢えず今回は、「アメリカ」です。
 CDとして聞くと、ちょっと甘過ぎかな、と思わなくも無い演奏ですが、やはり楽しい。四重奏なんていうと、理知的に説明されてるような気分になってくる演奏も中にはありますが、これは歌で勝負、と言う感じの演奏。とにかく、聞いていて飽きません。
 まぁ、この曲自体なかなか飽きさせないのですけどね。冒頭から、ドヴォルザークお得意のキャッチーなメロディで人を捕まえて離しません。アレグロ・マ・ノン・トロッポの第1楽章で捕まえてから、件の第2楽章で一気に引き込みます。レントの表示のあるこの唯一の緩徐楽章との落差で、聞いてる方はもうすっかり参ってしまいます。
 ここまで聞かせれば後はもう作曲者の言いなり(笑) この後に来る第3・第4楽章、それぞれモルト・ヴィヴァーチェ、ヴィヴァーチェ・マ・ノン・トロッポの表示が。「とても快活に」「快活に、でもやり過ぎずに」。第2楽章との心憎い対比。
 この対比、楽しいメロディライン。プラジャーク四重奏団は見事に描き出して余すところがありません。いや全く本当に素晴らしい。

 PRAGAって、Cd1枚当たりの単価が存外高いんですよね。プラジャーク四重奏団の録音は、他社のはあまり出ておらず、専らこのレーベルだけなので、どうしても高めになってしまうのですが、もうちょっと色々聞いてみたいし、もっと聞かれるといいのに、とも思います。



AUTHOR: フェランド DATE: 05/16/2007 20:41:47 LFJレポート拝見しました。楽しくもお疲れでしょう(笑)
私は全然顔出せなかったので、うらやましいです。

プラジャーク弦楽四重奏団、来ていたのですね!
ご指摘のPRAGAレーベルで、パスカル・モラゲス(パリ管首席)と組んで、
モーツァルト・ブラームスのクラリネット五重奏を録音しています。

モラゲスは、ひょっとすると私が一番好きなクラリネット奏者で、とにかく音色が美しくて、すっきりと歌って、音楽の姿がよい。実演できくと、なんというか、妖しいまでに美しい、びろうどの音色で、すっかり降参。

モラゲス目当てで購入したCDですが、プラジャークSQの演奏は実に見事でーモラゲスとの相性もよいと思います。嫌味なく歌う。
で、名前を覚えました。

今回のLFJでも、見事な演奏をきかせてくれたようですね。
再来日してくれないかしらん・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード