スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットランド音楽の黄金時代(16~17世紀)

A Joyeful Noyse The golden age of Scottish music
Heather Birt (viol, recorder, vioin)
Jon Banks (viol, harp)
Matthew Spring (viol, theorbo, lute)
Sara Stowe (voice)
The National Trust for Scotland CCL CD842

 スコットランドに限らずGBではそうなのですが、お城なんかの観光地を財団法人が管理していたりします。で、そういう観光地のギフトショップに売っていたCD。
 いやねぇ、これが馬鹿にしたもんでもないですよ。リュートを中心とした音楽で、でも同時代の、つまりはエリザベス朝のイングランド音楽とはちょっと味わいの違う、まぁ素朴かつどこかで聞いたような歌い回し。ちょっとバグパイプの旋律風というか。

 ああ、オーセンティックかどうかなんてこと言う人はいるんでしょうが、土台500年前の音楽に歴史的に正しいのなんの言ってみても、それで音楽が楽しくなるなんてことないんだけどねぇ。(500年が50年でも同じことなんだけど)




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。