スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッハ全集:カンタータ第82番「我満ち足りたり」 (11/17)

CANTATAS BWV.77-90
 BACH-Collegium Stuttgart, etc
Dietrich Fischer-Dieskau (bariton)
Helmuth Rilling (conduct)
b.m.s. (Haenssler) MM4278-2 : MM4026-2

 久々にバッハ全集のエントリーです。
 昨日、ボストリッジ独唱のこのカンタータの録音を書いたついでに、バッハ全集から引っ張り出してきました。
 バッハ全集の方は、基本はバッハ・コレギウム・シュトゥットガルト、指揮はヘルムート・リリング。この第82番では、独唱がなんとディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウであります。1983年の録音。ちょっと古いですね。勿論DFDはバリトンです。ボストリッジはテノールなので、声域を変えて演奏している訳ですね。

 となると、どっちがどうだ?というのがやはり気になりますが、こうやって聞くと、違う曲にすら聞こえてきます。一つ一つの音がよりはっきりと聞こえ、それがある種の寒さすら感じさせるボストリッジ=エウローパ・ガランテ盤。全体に低い音域での演奏故もあって、より柔らかいアプローチに感じさせるディースカウ=リリング盤。
 どちらがいいかはなんともですね。一般的には、より現代的で、研ぎ澄まされた、とまでは行かずとも鋭さのあるボストリッジ=エウローパ・ガランテ盤なんでしょうか。まぁ、これも勿論いいのですが、並べて聞くと、好き嫌いを言うなら、ディースカウ=リリング盤も結構好きです。確かに、前者を聞いてしまった後では、こちらをよしとするのは若干の躊躇も無くはないんですが。でも、やはりこの演奏は捨て難い。ディースカウの柔らかな歌い口は、これはこれでいいと思います。
 なんといっても、このカンタータは「我は満ち足りたり」と、神に感謝する言葉に拠るのですから。ね。必要以上に深刻になることもないのでしょう。

 ディースカウは、リヒターの録音でも常連でした。そこから比べると録音年代で10年から20年ほどのギャップがある訳ですが、この録音でもその声は多少変わったとはいえ、決して衰えてはいません。いやまぁ、正確には若干衰えてはいますが、何も支障無し。この頃既に50代後半、むしろ60に近かった筈ですが、いい声ですね。
 それと、ドイツ語の発音。以前、知り合いでそれなりにドイツ語の分かる人が、「やっぱボストリッジのドイツ語は今ひとつ分かりにくい」とか言ってましたが、ディースカウのを聞いていると、ああ、確かにディースカウの発音は違うな、と思います。分かり易い/分かりにくいというのとは別に、綺麗なんですよね。発音として。ボストリッジのも綺麗だけど、言葉、言語としてはやはりディースカウの方が.....

 リリングの演奏は、ビオンディ率いるエウローパ・ガランテに比べれば、確かに周回遅れの感は否めませんですかね。でも、これはこれで十分「古楽」してると思います。この辺の「古楽」感、今となっては中途半端かも知れないけど、このくらいが結構いいんですよね。これも、このバッハ全集の「おいしさ」の一端かも知れません。





AUTHOR: 丘 URL: http://ameblo.jp/crest-my7 DATE: 11/23/2007 10:45:40 こんにちは。膨大な数のカンタータの・・・と言っても有名な数曲しか知りませんが、
その中でも屈指の名曲でしょうね。
私はリヒターの方のディースカウのLPが愛聴盤です。ディースカウは勿論巧い、
綺麗過ぎるくらい・・・ですが、冒頭のオーボエからもう聞き惚れてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。