スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋悠治のゴールドベルク(9/5)

J.S.Bach Goldberg Variations
高橋悠治(p)
avex-classics AVCL-25026

 どうも、高橋悠治という人、信用が出来ないと前から思っていたりする。別に音楽がダメなのにどうこう、というわけではないのだけれど、どうも胡散臭さを感じるところがありまして。

 で、このゴールドベルク。悪くは無いけれど、どうも冒頭のアリアが変。アーティキュレーションが普通でない。普通でない割に何か効果があるかというと、特別ではない。そのまま変奏に入って、それが有機的に生かされている気遣いも無いし。ごく普通にいいという演奏で、ただ時々フレージングがするりと流れないところがある。
 悪くないけどまぁ平凡。でも、冒頭のあのアリアは何?

 で、ライナーノートに奏者自身の文章が。
 胡散臭さの源泉、恐らくそれは、奏者が自分を他とは違う芸術家だと思い、それ故に自分が特異点であると思い込んでいるところにあるのではないかと。残念ながらこの演奏、本人言うところの毎年のように消費される個性を売り物にしたつもりの「新録音」の典型例の一つ。別に特権的に東アジアを殊更に言うまでもない、凡百の一つ。

 この人、何にせよ、くだらないこと言わないでピアノだけ弾いてりゃいいのにねぇ。
 まぁそんなわけで買う必要はなかったですね..................しくしく。金返せ。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。