ゲルバー/ ベートーヴェンのピアノソナタop.111 (3/3)

L.v.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 op.53 "ワルトシュタイン" / 第27番 ホ短調 op.90 / 第32番 ハ短調 op.111
 ブルーノ=レオナルド・ゲルバー (piano)
 DENON COCQ-84053

 Doblogのアクセスの内、かなりの数はやはりロボット、それもくだらんレス付けの為なのでしょうねぇ、と、しつこいゴミコメントに辟易している今日この頃であります。今月には新機能導入で対策強化の見通しのようですが、果たして?

 さて、気を取り直して。
 昨日も出掛けつつも、いろいろ聞いていました。何を書こうかな、と考えた結果、わりと代わり映えしないものを取り上げることにしました。すみませんねぇ.....
 実は、この録音は、一部取り上げたことがあります。というか、被ってるんですよね。
 前回のエントリーはこちら。
 この時取り上げたのは、DENONのクレスト1000シリーズで出された、再発のコンピレーション物。なので、"テンペスト" "ワルトシュタイン" "告別" と、名前入り有名曲が3曲揃い踏みしています。今回取り上げるのは、その後買ったゲルバーのソナタ集としての再発シリーズ。なので、選曲が違います。第21番"ワルトシュタイン"、第27番op.90、そして第32番op.111。
 結構思い入れのある内容のライナーによると、ゲルバーは1995年までに19曲を録音して、以後、ストップしている状態のようです。ゲルバー自身の問題もあったようですし、やはりバブル経済後のDENONレーベルの経営の苦しさもあったのでしょう。確かに、ゲルバーの演奏はいいものなので、「全集完結が望まれる」ところであります。

 このCDでの目当ては、やはりop.111。この曲、例によって好きなので、どうしても聞きたくなってしまうのです。このブログでも、この曲として4回目のエントリーのようです。実は内心(まだそれだけか....)とか思ってるんですが。
 で、どうか?
 実は前回のエントリーで、「線が細い訳じゃないけど、でも繊細」とか、評価が難しいとか、そんなこと書いてます。うん、なんとなく分かるような気がします。
 敢えて言えば、思いの外安定感が感じられないピアニスト、なんですよね。線が細いとか、不安定とか、そういう感じではないのだけど、どことなく、聞いていて「あれ?大丈夫?」と思わせるところがあるのです。不思議なんですよね。こういうのもエキセントリックと言うのかな。どうもそういうのとも違うのだけど。
 多分、普段聞こえないものが聞こえるんじゃないかと思うのです。例えば、トリルなんだけど、トリルがそれぞれの音として聞こえる、というような感じ。よく言えばしっかり弾いている。疎かにしないから、ちゃんと音が聞こえている。聞く側がアバウトに聞いていると、気が付かず「こんな感じ」で流しているところをきっちりやっている、ということかも知れませんが.....
 本当に、別段変なことをやってるわけではないんですよ。テンポだって特別遅い訳でないし。

 演奏としては、音楽的には、聞きたくなる、という意味でも十分魅力的です。op.111の演奏としての評価は、まぁベストではないですね。私はもう少しどっしりしたのが好き。でも、このゲルバーの録音は、それはそれとして、ピアノ演奏として何か惹かれるものがあります。
 好き嫌いのレベルで言えば、意外と面白いのはop.90かも知れません。聞く側の楽しみという点ではこちらの方が楽しめるやも。元々ベートーヴェンのソナタの中でも、やや異色に近い扱われ方をしている曲で、前後の作品との連関性もあまりなくて、規模もやや小規模と、忘れられる可能性あり、という曲ですが、やや変わった光の当たり方がこの曲では面白い方に作用しているのでしょう。

 ゲルバーが録音し残している作品には、op.109 と op.110 も入ってます。聞いてみたいなぁ、確かに.....



AUTHOR: HABABI DATE: 03/05/2008 21:37:22 こんばんは。(これ、ゴミコメントではないと思いますが...)

時々、貴兄のブログを興味深く拝見しています。
ゲルバーのベートーヴェンのピアノ・ソナタはCDで2枚(「悲愴」の入っているものと、「テンペスト」の入っているものを)持っています。このうち、後者の「テンペスト」、「ワルトシュタイン」、「告別」の入っている方に顕著なのですが、まるでドビュッシーの曲のような、音に対する感覚を前面に出した演奏で、音の小宇宙を構成している観さえ呈していると思います。ベートーヴェンの曲を素材にしてのこのような演奏には好き嫌いが出ると思いますが、今日的演奏の一つとして、私は大変好きです。

以上、私の極めて個人的な感想です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード