スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーライダー

久々に怒っています。いや、本当に。

 実は、インターネットになってから、ネット上で個人が維持していた掲示板が失われるという事態を少なからず目にしています。その時、必ず壊れる発端は、ユーザー側にありました。
 大体ね、コメント付け始めるんですよ。ちょっと偉そうに。その内、言いたい放題になるんです。で、ああだこうだ文句付けたりして、周りから何か言われたりしてぶちギレル。で、さんざん引っ掻き回した挙げ句撤退宣言して逃げてっちゃう。

 このタイプの人達に共通していることがあります。
 まず第一に、自分では決してそうした場を持ったり管理したりしたことが無い。つまり、人が作った物には平気で乗っかるけれど、それを維持することは絶対に考えない。ましてや、自分で作ることなど面倒だからやらない。その一方で、そんなもの持つのは個人の問題だから自分には関係ないと思っている。
 第二に、その割に、書くことに中身が無いのです。これが重症でして、つまり、本人は某か書いているつもりなのだけれど、薄っぺらいのです。何故かと言うと、「私のこと」を書かないから。書く内容を持ち合わせてないのか、意識して書かないようにしているのか、怖くて書けないのか、分からないけれど、大抵の場合、その人が考え、思うことを、誰かに伝えようとする内容になっていないのです。
 「場を維持するコスト」は払う気がないが利用はする。でも、利用する代わりに何かその場に寄与出来るものもない。使うだけ使って、好き勝手振る舞って、後は知らない。

 blogが普及した最大の理由は、「簡単に出来るから」だった筈です。つまり、blogは、はっきり言えば書いてナンボ、書かなきゃ意味無し、なのです。ホームページを作るのは確かに大変だし、掲示板なんて小規模な物でも面倒だけど、blogは簡単なのです。予め用意されたテンプレートでちょっと細工すれば、すぐ体裁が整う。
 そう言っちゃなんですが、それで書けなきゃ、そもそも書くことを持ち合わせてないんですよ。

 それでも、減らないんですよね。言いたいことだけ言って荒らして出て行く輩というのは。

 blogは確かに公開の物です。だから、誰が読んでも文句は言えないし、それを読んだ人がどのような感想を抱くのも自由ではある。
 ただ、blogは、それでもやはり、「個人の物」なのです。コメント付けようがトラックバック付けようが、ある範囲内ではやはり管理しなければならないと思います。実は、これまではそうは思っていませんでした。たとえ如何に小規模であろうと、拙かろうと、発信した言葉に対しては責任を持つべきである、と。でも、結局、腐ったリンゴはゴミ箱に捨てるしか無いのです。断固として。責任を取るべきでない相手には、責任を取ってはいけないのだと。何故なら、そういう輩は、そもそもコミュニケーションを取ることを意図していないのだから。blog主は断じて掲示板の管理人ではありません。blog主、です。blogを書くことが自分の思うことを書くことに繋がっている人の場合、blogを続けることはとても大変だと思います。内容についての感想はいろいろあるでしょうが、blogというかなり楽な形であっても場を維持すること、言葉を紡ぐことに対しては、相応の礼を払うべきだと思うのです。
 blogは他の誰かが発言する為の場ではない。発言したければ、blogを自分で持てばいい。それすら出来ない癖に、他所で得手勝手なコメントを書いて回るようなフリーライダーは相手にしなくて構わないのだと思う次第です。

 そんな風に「読者」を選ぶのは好ましくないと思うけれど、それこそパソコン通信の時代から、この手の勘違いフリーライダーは居なくならないのだから、止むを得ないな、と思うのです。
 別にblog持ってない奴読むの禁止、とは申しません。ただ、中身の無い人は相手にしないし、遠慮無く削除するぞ、というだけの話でして。ハイ。
 御陰様でコメントもトラックバックも承認制になりましたので、いい時期かな、と思う訳です。勿論、私とは違う意見をお持ちの方のトラックバック、歓迎です。それが中身のある物である限り、意見が違っていても決して拒否しようとは思わないですからね。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。