スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ラ・フォル・ジュルネ]シューベルト:交響曲第8番 D.795「未完成」(5/1)

F.Schubert : Symphony No.8 B minor, D.795 "Unfinished" / "Die Zauberharfe" Overture D.644 / "Rosamunde" D.797 - Ballet Music No.1 and 2
 Wiener Symphoniker
 Nikolaus Harnoncourt (conduct)
 TELDEC 0630-14537-2

 もう、日付は5月2日になってしまいました。夜が明けた今日から、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2008が始まります。
 昨年同様、ラ・フォル・ジュルネ関連の楽曲を4月は紹介しようと思っていましたが、色々あって果たせずに当日になってしまいました。いや、他の話を延々書いてたとか、単純に忙しかったとかいうことは勿論あるんですが、実は、一番大きかったのは、「書きたくても書けない」だったりします。
 私は成り行きでVerdiなんてハンドルを使ってますが、作曲家として本当に一番好きなのはシューベルト。「冬の旅」なんて本気で書き始めればなんぼでも書くことがあるし、他の歌曲だって幾らでも書ける。涙無くしてどころではない、戦慄を伴わずに聞くこと能わぬ弦楽五重奏だって書いてない。ピアノ曲だって、D.960は書いたけど、D.959やD.958、即興曲集だって楽興の時だって書いてない。
 書けるけど、おいそれと書けないんです。半端に書けないから。別に普段の記事が半端だなんて言ってる訳ではないのですが、やはり、何処か書くに躊躇してしまう部分がある。好きだから、手を付けかねていたというのが正直なところです。

 でも、それじゃしょうがないんでね(苦笑)まぁ、失敗です。なので、改めて書いてなかった一曲を。未完成。でも、この曲、「ラ・フォル・ジュルネ」を謳う前に、ミュンシュの録音で取り上げたんですけどね。その時の記事がこちら。

 今にして思うと、ってたかだか3、4ヶ月前の話ですが、この時私、アーノンクールを引き合いに出してるんですね。「アーノンクールなら、もっと各々の響いている音の構成が分かるように聞かせるんじゃないか」なんちゃって。
 で、実際どうかというと、そうでもあり、そうでもなし。一番大きいのは、アーノンクールが振っているのが、コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンみたいなとこでなくて、ウィーン交響楽団だということ。あそこはなんだかんだ言って、あくまで現代オーケストラですからね。ただ、確かに、アーノンクールのアプローチは、渾然一体とした響き、という方向ではない。やはり、各々が分かるように、とまではいかなくても、誰が何やってるかを見極める方向ですね。

 シューベルトの話でした。

 未完成というのは結構妙な曲で、今一般に聞かれているのは、途中まで書かれた結果、とされている、第1・2楽章の2楽章のみ。これが、どちらも遅めの音楽で、聴感上は同じようなテンポの音楽が続く。しかも、どちらも基本は短調。第2楽章は長調ではありますが、転調しながら進む音楽には、常に短調の影がまとわりつく。さらに言えば、聴感上も未完成。少なくとも、交響曲としての始まりと終わりがある、という感じではない。なのに、何故かこの曲人気があります。
 何がそんなに惹き付けるのか?
 単純に言えば、よく言われる「デモーニッシュなもの」に惹かれるのでしょう。よくあるありきたりの説明ですが、でも、やはりそこだと思うのです。
 シューベルトに終始つきまとうのは、この影です。陽の当たるところ、必ず陰が生まれる。陰と陽、と言ってしまえばそれまでですが、それまでの音楽家の大半は、陰そのものを織り込んで表現しようとはしてこなかったのではないかと思います。この「陰」を描くことに成功したのが、シューベルトではないかと。我々がシューベルトに求めるのは、陽の光に照らされたものではなく、その陰になってひっそりとあるもの、ではないでしょうか。
 この「未完成」にしても、表に見えている雄弁なるもの - それが短調であろうと長調であろうと - に対し、その陰にあって、音楽の中に織り込まれているもの、その部分に惹かれるのではないかと思うのです。
 そういう面はシューベルトのどの作品にもあると思うのですが、やはり、一般に名高い曲は、某かそうした二面性を持っているように思います。それがシューベルトを聴くポイントの一つ、というには、ちょっと時機を失してしまってはいるのですが。





AUTHOR: よんちゃん URL: http://shibashi.blogspot.com/ DATE: 05/02/2008 09:57:50 こんにちは。
初めて書き込みさせていただきます。

『書けるけど、おいそれと書けないんです。半端に書けないから。』とありましたが、本当によくわかります。僕も大好きな曲、本命の曲は書きたいけど、ブログにはなかなか書けません。僕のブログでは周辺のところから攻めている感じです。

ところで、Verdiさんの記事は大変勉強になります。シューベルトのことをいっぱい書いていただき、いろいろと教えていただきたいと思っています。今日の「陰」の話は興味深く読ませていただきました。

先日友人から借りたCDの中にミュンシュ/ボストン響の「未完成」があったので聞きました。すごくいい演奏だと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。