ZONE

ZONE : N
SONY MUSIC RECORDS SRCL-5704

 J-POPと呼ばれる類いのものは、殆ど聞かないようで、実は耳に入って来るものはそう拒んでいるつもりはないのではあります。
 でも、基本的に、選択的に聞いているというのは殆ど無いので、年代的にいわゆる「同時代の人」を除けば、非常に薄いのです。とはいえ、ピンポイント的に入って来るものはあって、他人から見ると「何で?」と思われそうなものがツボに入ったりするのであります。ま、よくある話。

 だからって、とっとと解散しちゃった微妙なグループの曲を今更聞かなくてもいいだろう、みたいな話ではあるんですが....

 別にファンとかなんとかいうわけではないんですが、妙にイメージが残ってしまうんですね、この曲。別段歌が上手い訳ではないし(むしろ下手)、凄くいい曲だというわけでもないんだけど。ただ、歌詞が、非常に光景をイメージしやすいのと、その歌詞がよく分かる歌い方をしているのですね。言葉の切り方は結構不自然だけれど、一応「分かる」ので、かえって耳に残ったのでしょう。
 ああ、それと、歌い方。拙いんだけど、拙いなりに、ゆっくりと、ゆったりと、歌い継いでいくその行き方が、なんとなくいいのです。勿論そんな歌は幾らだってあるのではあるけれど、たまたま上手いこと色々噛み合って、すっぽりとツボにハマったのでしょうね。

 今更紹介するほどの歌詞ではないし、てか、書くとこっ恥ずかしくなるような歌詞だし(苦笑)、だから、敢えて書かないのですが、この季節になるとついつい思い出してしまうのです。耳に残っちゃったんですね。そういう曲は、もうどうしようもないので、適度に付き合って行くしかないのです。ちなみにCDはどこぞで中古で買ったやつ。それこそ100円くらいじゃなかったかしらん。栄枯盛衰の激しい世界です。
 思えば、例えば10年前、どんな曲が流行っていたか、もうみんなそうは覚えていないでしょう。その頃多感な頃を過ごしていた人だって、多くの歌を覚えていたとしても、全部は覚えてないでしょうし。そういう曲の中からごく一部だけが残っていって、聞き継がれ(歌い継がれ?)ていくのだろうけど、この曲はどうなのかな。解散しちゃうと、余程人気が無い限り、難しいんでしょうけど、内心、10年後も何処かに残ってるといいよね、などと思ってしまうのです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード