グルベローヴァの「ルチア」 (8/14)

G.ドニゼッティ:歌劇「ランメルムーアのルチア」
 エディタ・グルベローヴァ (soprano), アルフレード・クラウス (tenor),
 レナート・ブルゾン (bariton), ロバート・ロイド (bass), etc
 アンブロジアン・オペラ合唱団
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 ニコラ・レッシーニョ (conduct)
 EMI/東芝EMI TOCE-772729

 長距離運転で聞きましたの巻第二弾。久々に引っ張り出しました。

 グルベローヴァのルチアは他にも録音がありますが、この録音がグルベローヴァの歌唱鮮度としては一番いいかなと思います。1983年、まだグルベローヴァが30代の頃の録音です。正直、やはりグルベローヴァにしても尚、1990年代よりは1980年代の録音の方が魅力的です。
 ルチアと言えば、狂乱の場に関しては、それ以前に録音されたアリア集での絶唱が未だ空前絶後ですが、この録音はその点に於いては若干劣ると思います。何処が、というと難しいのですが、言ってみれば「オペラ全曲の歌唱」なんですね。その分だけ、狂乱の場だけ切り出して考えると、アリア集の方が完成度が高いと言っていいと思います。本当に微妙な差なのですが、アリア集の方は、決まるべき所が本当に完璧に決まっていて、歌唱表現、間合い、声の決め方等、これ以上動かしようがない、と言いたくなるくらい。
 一方、この全曲録音の方は、そこだけ見れば、如何なスタジオ録音と謂えども、やはり全体のバランスを考えた歌唱になるので、その分表現、というより、間合いがどうしても変わってくる。最高音も、グルベローヴァレベルの話で言えば、ほんの僅かだけれどもう一つ安定に難があるし。そのレベルで言えば、ヴァリアントの処理の仕方も僅かながら不安定。ちなみに、グルベローヴァレベルの下に初めて他のソプラノが来るんですけどね。その影を見せられるのは僅かにサザランドくらいかな。

 まぁ、正直、言い出せばキリが無いの類いであります。無理なものは無理。これ以上を求めても、というところでしょう。とはいえ、ちょっと共演陣が弱いんですけどね。
 ニコラ・レッシーニョ。名匠ではあるんですが、ロイヤル・フィルと合わせて、ここ一番での微妙な反応がもう一つ。やはりこちらも「全曲盤」モードなんですね。全体の流れとしては考えてやっていると思うんですが。決して悪くはありません。ただ、最高の出来のその上を行く訳ではないよね、といったところか。
 アルフレード・クラウス。ええ、悪くはありませんが........ここの人選は難しい所ですね。クラウス、このエドガルドという役にはもう一つ暴れ者系の力強さが欲しいというか.....ちょっと大時代的な歌い方も気になるし。
 一方、エンリーコのブルゾンもちょっと。いや、グルベローヴァのパワーに比してちょっとバランスがね。
 そう、クラウスにしてもブルゾンにしても、この役に合わないという訳ではないのですが、グルベローヴァの、「コロラトゥーラ・ソプラノ」などという枠に収まらない歌唱に対しては押され気味なのです。
 毎度毎度の話ですが、グルベローヴァの良さは、充実した中音域にあります。それがあるから、輝かしい高音が映えるし、コロラトゥーラもその「地」に支えられている。だから、狂乱の場だけでなく、第1幕のアリアや二重唱、更には第2幕でのフィナーレでも、線の細い歌唱では無いのです。言わばリリカルに揃えた歌唱陣は決して悪くないのですが.......まぁ、グルベローヴァが良すぎるのだ、と言っておきましょう。

 配役がいいと、ルチアも全曲聞いて惹き付けられるオペラになります。特に第2幕は、粒が揃うと、ルチアとエンリーコのやり取りからして飽きが来ない。緊迫感が出て、音楽が締まって来るのです。そういう点では、最初から最後まで聞いて飽きない録音です。なんだ、結局褒めてるし(笑)
 この録音も、しかし、今は現役盤ではなくなっているのかな。このCDが発売されたのは1992年で、出た時点で即買いしたのですが、この時も漸く現役盤として復活したのだったし。確かこの録音は、その後現役復帰していないのではないかと思います。色々著作権関係とかあってのことではないかと思いますが、ちょっと勿体無いなぁ。





AUTHOR: mozart1889 URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717 DATE: 08/15/2008 09:48:57 まだまだ暑いですね。残暑お見舞い申し上げます。

さて、グルベローヴァの「ルチア」、これ最高の名演、もう圧倒的な名唱と思います。1980年代のグルベローヴァはまさに全盛期、いいときに録音してくれていたもんですよね。
アルフレート・クラウスもボクは大好きなので、このレッシーニョ盤は気に入っています・・・というよりグルベローヴァを聴けるという点でもベスト盤ではないかと、密かに思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード