スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チック・コリア&ゲイリー・バートン・イン・コンサート (11/26)

Chick Corea and Gary Burton
In Concert, Zuerich, October 28, 1979

 Chick Corea (piano)
 Gary Burton (vibraharp)
 ECM 1182/83 821415-2

 ゲイリー・バートンとチック・コリアのデュオ。どちらも現役ミュージシャンですが、この二人が1979年に共演したライブの録音です。約30年前です。クラシック音楽でも、30年前も今もばりばりの現役、というのは、そう多くはいないと思いますが、ポップミュージックの世界では尚更多くないと思います。(まぁ、これはジャズだけど)しかもこの二人、当時も今もトップクラス。なかなか凄いコンビです。

 この頃のチック・コリアは、ややリリカルめなスタイル、と言っていいでしょうか。このピアノと、ゲイリー・バートンのヴィブラホーン、じゃなくてここではヴィブラハープの組み合わせは、「おっしゃれ」(笑)な感じではあります。が、同時にアップテンポで切り上がるような音楽の連続は、決してイージーリスニングではありません。キラキラと輝くような音色が載っているのは、ドライブ感抜群の音楽。心地よい緊張感、とでもいうようなものが感じられます。
 ゲイリー・バートンは、この後も他のピアニストと同様のデュオをやったりしていて、小曽根真との録音なんかもあるのですが、やはりチック・コリアのはいい。チック・コリアのピアノが特別なんでしょうね。こんなに音色が綺麗で、それでいてグルーヴ感が維持出来てるピアノというのもあまりないのでは、と思います。良くも悪くもジャズらしくないというか。実際、これだけキラキラした音色を重ね合わせて、音的にはちょっとジャズとは思えないようなのに、でも音楽としては、やっぱりジャズなんですね、これが。やっぱりジャズの本質は、ブルースコードもあるだろうけど、リズムなんだろうなと思います。

 ゲイリー・バートンは、今もこの頃もそれほどには変わらないような気がします。一方のチック・コリアは、そうですねぇ....最近はまた似たようなリリカルな演奏もするようだけど、その間30年近くかけて、ぐるりと一周して来たんじゃないかな、という気がします。80年代のチック・コリアって、エレクトリックをやってたこともあるだろうけど、もっともっとリズミックと言うかグルーヴ感の強い音楽をやっていたように思います。.....どうだろう?
 まぁ、往時のチック・コリアの貴重な記録ではあると思います。勿論ゲイリー・バートンの記録としても。ECMもなかなかやってくれます。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。