スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

While the violin gently weeps - クレンペラーの「マタイ受難曲」 - (5/9)

J.S.バッハマタイ受難曲 BWV244

  ピーター・ピアーズ (tenor)、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ (bariton)、
  エリザベート・シュワルツコップ (soprano)、クリスタ・ルードヴィッヒ (alto)、
  ニコライ・ゲッダ (tenor)、ワルター・ベリー (bass), etc
  フィルハーモニア合唱団、ハムステッド教会少年合唱団
  フィルハーモニア管弦楽団
  オットー・クレンペラー (conduct)
 東芝EMI CE25-5711~13

 引っ越し後初記事であります。3ヶ月振りだなぁ.....その間にラ・フォル・ジュルネも終わっちゃったし。

 今年のラ・フォル・ジュルネの最後は、コルボ指揮ローザンヌ声楽・器楽アンサンブルによる「マタイ受難曲」でした。やはりマタイは時間以上に疲れますが、今回はかなり前の方で聞いていたこともあって、疲れを感じる間も無く引き込まれっ放しでした。
 考えてみれば、フォーレのレクイエムだって演奏する人達なのでおかしくはないのですが、ローザンヌ器楽アンサンブルは現代楽器使用で、勿論ヴィヴラートもしっかり掛かっております。今回のラ・フォル・ジュルネでは、古楽系の演奏家の参加が多かったのですが、最後の最後にこういうのが来るといっそ新鮮であります。

 で、今回のコルボの演奏は、ラ・フォル・ジュルネにしては異例なことに、休憩を入れた演奏会でありました。その休憩の位置が、元々想定されている第1部の終わり、イエスの捕縛の後ではなくて、第2部に入ってから、ペテロの否認のアリアとコラールの後だったのですね。これ、なかなかいいアイディアだと思うのですが、このアルトのアリアが、もう、なんというか........
 個人的には、マタイ受難曲のハイライトはここだと思います。いつもマタイ受難曲に関しては言っているのだけど、この場面は、キリスト教の音楽という色彩がとても色濃いこの曲にあって、最も普遍性を勝ち得た場面だと思います。つまり、人というものの弱さを描き出し、その弱さを嘆く姿に心動かされずにおられないのです。勿論、そこで、アリアは、キリスト教として神へ「憐れみたまえ」と歌うのだけれど、それでも尚この場面は宗教を越えて迫るものがあると思います。勿論、そういう経緯を知らなければ、だけれど。

 このアリアの主役は二人います。一人は、勿論、アリアを歌うアルト。そして、それに伴奏するヴァイオリン。そう、このヴィオリンが絶品でねぇ、コルボの演奏では。1stヴァイオリンのトップ、だから、通常ならコンサートマスターと呼ぶべき(ま、女性でしたので、コンサートミストレスっていうの?今は)ポジションの演奏者がやおら立ち上がり、弾き出したのですが、これが流石にポルタメントとまではいかないものの、ヴィヴラートをきっちり掛けた演奏で、見事アリアに合わせて咽び泣くのです。清澄な声のアルトの歌、咽び泣くヴァイオリン、裏でバッキングするようにテンポを刻むリュート........もう、なんと言ったらよいやら。

 やはり、このアリアは、古楽演奏派がなんと言おうが、ヴァイオリンに咽び泣いて欲しいのです。ヴァイオリンが咽び泣く間に、リュートの歩みに伴われて、人の弱さをアルトが嘆く。その嘆きの普遍性を信じるものであります。
 いや、あのヴァイオリンは本当に凄かった。アリアを歌ったアルトも素晴らしかったのだけれど、それ以上と言ってもいいくらい。本当に「喰っ」てました。

 というわけで、現代楽器での演奏で聞き直しております。クレンペラー指揮、フィルハーモニア管の録音。アルトを歌うのはクリスタ・ルードヴィッヒ。1961年の録音なのでかなり古いのですが、やはり秀逸だと思います。歌手陣も実は豪華で、フィッシャー=ディースカウ、シュワルツコップ、ゲッダ、ベリーと、これは一体何の録音?!と思うような陣容。
 この演奏がまたいいのです。現代楽器だったらリヒター盤もあるのだけど、遠慮なく演奏されている「古楽器以前」の演奏が、抑制の利いた荘重さを湛えていて。あのアリアでも、ヴィヴラートが程良く、十分に、けれど嫌みでない程度に掛かっていて、いいのです。

 この録音も古いけど、CDも結構古いです。1980年代だったと思います。既にこの番号では廃盤なんでしょうが、今でも輸入盤なりであるのかな?
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ラ・フォル・ジュルネ マタイ受難曲 バッハ クレンペラー

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。