スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホセ・カレーラスと愉快な仲間たち(?) (6/2)

Jose Carreras with his Friends
(Mattinata, "Seguidilla" -Carmen, "O mio babino caro" - Gianni Schicchi, Mephistopheles' Serenade - Faust, Duet - Cavalleria Rusticana, etc.)
  Katia Ricciarelli (soprano), Agnes Baltsa (mezzo-soprano),
  Jose Carreras (tenor), Ruggero Raimondi (bass)
  Orchestra London Arts
  Jacques Delacote (conduct)
 Azzuramusic TBP11148

 こないだ、某所のセール箱を眺めていたら、こんな怪しげなのを見つけてきました。まぁ、歌ってるのは知った名前だし、投げ売りで安くなってるし、どんなコンピレーション物だろうか、と思いながら拾って来たのですが、いや、これがまぁなんというか、懐かしいというか.......
 1991年、ロンドンでのライブ録音なのだそうですが、正直,今までノーマーク。今から18年前ですから、カレーラスが復活して結構いい感じの時期です。共演が、ソプラノにカーティア・リッチャレッリ、メゾにアグネス・バルツァ、バスにルッジェロ・ライモンディ。要するに、1991年頃のある意味最強キャストなのです。特にカレーラス=バルツァは1980年代から1990年代の最強コンビ。この二人がカヴァレリア・ルスティカーナの二重唱を歌っているのを聞くと、思わず熱くなってしまうのであります。

 ついつい「昔は良かった」みたいな話になりそうなのですが、やはり、クラシック音楽にも流行というのはあるのでして、それもまた時代と人材で決まるのだと思うのです。今は、ロッシーニルネッサンスなどと言われて、ロッシーニの、昔なら知られざると言われそうなオペラが蘇演されたり、バロック・オペラが盛んに上演されたりするけれど、そうなった背景には、勿論バルトリやシラグーザのような「適材」が出てきたこともあるけれど、もう一方では、オペラ自体が昔ながらのヴェルディ以降のイタリア系中心のロマンティック・オペラだけでは保たなくなっている、そういうオペラだけやっていれば人が惹き付けられるような強力な歌手が減った、というのはあると思うのです。
 今でこそオペラは演出の時代などと言われて、盛んにオペラを解釈することが流行ってはいるけれど、私自身もそんな風に観ているけれど、3大テノールが今居たなら、どうなっていたろうか、とも思うのです。
 いや、むしろ、3大テノールが「居た」から、今があるのかも知れません。端的に言えば、もう「そういうの」に飽きてしまったのかも。例えば毀誉褒貶激しいアラーニャだって、結構いいんですよ、実際に聞けば。
 一方で,3大テノールが居たから、それに呼応するように他の人材も出て来たのかも知れません。ここで歌っているリッチャレッリやバルツァ,ライモンディだって、いわば重量級のキャスティングの中でこそ映える人達だったと言えるのだろうし。
 こういう話はし始めるときりがないので、このへんにしておこうとは思いますが........

 それにしても、これを生で聞いてたら面白かったろうなぁ、とつくづく思うのであります。録音はあまり良くないけれど、そういうのはまぁどうでもいいや、と。
 勿論、聞く側の思い入れが多分に入っているのは間違いありません。4人とも、オペラにのめり込んで行った頃からその後にかけて折に触れて聞いて来た歌手なので、某かの思い入れはあるのです。
 とはいうものの、それを抜きにしても、やはりこの人達、凄い。この中で一番の聞き物は、やはり「カヴァレリア・ルスティカーナ」の2重唱ですが、それに負けず劣らずなのがルジェロ・ライモンディの歌う、グノーの「ファウスト」から"メフィストフェレスのセレナーデ"。ライモンディ,決して録音に恵まれないわけではないけれど、アリア集みたいなものはあまりありません。その中にあってこのライモンディは、声が曲に合っていて、しかも調子も良かったようで、ライモンディとしても、この歌の録音としても、かなりいいと思います。後で、トスティの「最後の歌」も歌っているのだけれど、これも良く合っていて......
 バルツァは、「カヴァレリア・ルスティカーナ」の2重唱の他に、「ママも知る通り」を歌っていて、これが結構飛ばしてます。ただ、良し悪しというか、このCDでの楽しみで言えば、むしろ「アルジェのイタリア女」からライモンディと2重唱で歌っている方が面白いかも。一番影が薄いのは、或いはリッチャレッリ?いやいや、「ワリー」のアリアを歌ってますが、これがなかなか。
 .................ひょっとしてカレーラスが一番影が薄いのか?いやそんなことはないのだけど、と思わせるくらいのゴージャスさ加減なのです。歌手も、曲目も。今だったら、どんな4人で聞いたらこんな感じなのかな、と考えてしまうのであります。



スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : カレーラス

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。