スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヒテルのソフィア・リサイタル (6/14)

ソフィア・リサイタル
ムソルグスキー:展覧会の絵
ラフマニノフ:前奏曲第23番嬰ト短調 op.32-12
シューベルト:楽興の時第1番ハ長調 D.780-1 / 即興曲第2番、第4番 D899-2,4
ショパン:練習曲第3番ホ長調 op.10-3 「別れの曲」
リスト:忘れられたワルツ第1番、第2番 S215-1,2 / 超絶技巧練習曲第5番、第11番 S139-5,11 「鬼火」、「夕べの調べ」
  スヴャトスラフ・リヒテル (piano)
 PHILIPS / ユニバーサル・クラシック UCCP-3495

 リヒテルの1958年のソフィア・リサイタル。昔から名盤の誉れ高く、既に20年くらい前からNo Noise Systemだったかでリマスターされた録音を聞いていたので、このディスクは2代目であります。
 このディスクも随分聞きました。なんだかんだ言って結構プアな録音ではあるのですが、やはり冒頭の「展覧会の絵」がインパクトが強かったのです。この録音をCDで入手した頃は、「展覧会の絵」ピアノ版、というと、有名どころの録音では、他にはホロヴィッツやアシュケナージくらいしか無かったんじゃないかと思います。
 今でこそ実演でもCDでも盛んに演奏され,録音されていますが、20年くらい前はそこまで人口に膾炙した曲ではなかったような気がします。いや、聞く側以上に演奏する側にとってそうだったんじゃないか、という気もするのですが。
 その頃だって決してマイナーな曲ではなかったと思うんですけど、ちょっとレパートリーとしては特殊と見られていたのかな、と。最近は若手ピアニストが出て来るとすぐリサイタルで弾いてたりするんですけどね。
 まぁ、そんなこともあって、リヒテルの録音は随分繰り返し聞いたものです。第1曲、プロムナードのミスタッチまですっかり記憶してしまいました。

 後から見ると、リヒテルのこの録音は、結構ヴィルトゥオーゾ・ピアニストとしてのリヒテルの演奏になっていて、実はリヒテルとしてはやや特殊なものなのかも知れません。シューベルトの「楽興の時」即興曲、ショパンの「別れの曲」なんかが入っているのでそんな気もしないのではありますが、1950年代のムソルグスキーは、今考える以上に技巧的な音楽と看做されていたんじゃないかと思うのです。まぁ、ソ連出身のリヒテルらにとっては、ムソルグスキーは自国の作曲家、ではあるので、その辺の事情はちょっと違うのかも知れませんが。
 ただ、後年の、沈潜して行くようなシューベルトのソナタの演奏などとはやはりちょっと違うかな、という気がします。

 しかし、久々に出して来て聞いたのですが、そうは言ってもやっぱりこのリヒテルも面白いです。演奏者としてのキャパシティの深さに裏打ちされた演奏、という感じですね。音楽というのは技巧だけではないけれど、技巧とかも含めた演奏力のある人の演奏は、やっぱり面白い、と思います。


スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。