スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリ・テ・カナワのオペラアリア集(11/21)

Verdi and Puccini Arias (+ Bonus tracks)
Kiri Te Kanawa (soprano)
London Philharmonic Orchestra
Sir John Pritchard (conduct)
SONY CLASSICAL SK 92605

 キリ・テ・カナワって、今どうしてるんでしょうね。何処で歌っているのか。あれほどの人だから、まだ引退しているわけではないと思うんだけど、あまり聞かないんですよね。

 昔は、取り立てて好きというほどの歌手ではありませんでしたが、今にして思うと贅沢な話で。今、これほどの歌手はなかなかいないんですよね。いないわけではないけれど、数が減ってしまって、その分聞けなくなってしまった。

 ヴェルディですね。やはり。ドン・カルロ。いやぁ、昔はもっとジューシーというか艶っぽいのがいいなぁ、とか思ってましたが、年取ったのか(苦笑)、このくらいのがなかなか良いなと思ってしまう今日この頃。まぁ、ドン・カルロですからね。椿姫とは違うし。
 プッチーニの方が多くて、こちらもなかなかいいのですが(ドレッタの夢なんて特に!)、でもやっぱりヴェルディを聞いてしまうと、ちょっとね。歌としてはプッチーニの方が楽しいだろうなと思うんですが、やっぱりヴェルディかなぁ。





AUTHOR: mozart1889 URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717 DATE: 12/14/2005 03:40:11 お邪魔します。初めまして。mozart1889と申します。
「キリ・テ・カナワ」でたどり着きました。
どうぞよろしくお願いします。

このCD(ボクはLPなんですが)、思いでの1枚なんです。もっともボクの場合はプッチーニの方なんですが。(Verdiでなくてスミマセン)
最近、とんとキリ・テ・カナワの話題を見かけなくなりました。淋しいことです。
でもこの声、いつまでも聴き続けたい名演奏だとボクは思っています。

TBさせていただきます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。