スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンドリン協奏曲集(1/26)

D. カウディオーゾ マンドリン協奏曲 ト長調
G. ジュリアーノ マンドリン協奏曲 ト長調
G. F. エテラルディ マンドリン協奏曲 ニ長調 <エコー>
G. ガッベローネ マンドリン協奏曲 ヘ長調

 アレッサンドロ・ピトレッリ、ボニファチオ・ビアンキ(マンドリン)
 イ・ソリスティ・ヴェネティ
 クラウディオ・シモーネ(指揮)
ERATO/ワーナーミュージック WPCS-22066

 TVでは小田和正をやっています。この人も相変わらず頑張ってますなぁ。まだまだ頑張って欲しいものであります。それはさておき。

 マンドリンという楽器があります。大学なんかで、合奏サークルがあったりしましたが、今でもあるのかな?リュート属の楽器だそうですが、そう似た感じでもないんですよね。トレモロで演奏するのが今では一般的なんですが(その辺が合奏でやったりすると面白いんでしょうけど)、昔はそうでもなくて、普通にリュートやギターのように爪弾くのが一般的だったとか。

 今ではクラシック音楽のメインストリームとは言い難いマンドリンですが、18世紀にはイタリア、特にナポリでは大変人気の楽器だったとか。で、その当時書かれた、(多分)ナポリで演奏されたろうマンドリン協奏曲を集めたのがこのCD。
 マンドリン、リュートよりは音が通るかな、と思いますが、ギターよりは繊細。イ・ソリスティ・ヴェネティのような小アンサンブルとの組み合わせでは、なかなかいいバランスです。
 曲は全部で4つ。とは言うものの、いずれも知らない人ばかり。皆18世紀の人達ですが、正直言うと、曲毎に性格の違いはあるけれど、どれがどうという感じではないです。むしろ、マンドリンと小アンサンブルの音色で気持ちよく聞くのが楽しいという感じでしょうか。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。