モーツァルトの大ミサ曲(3/13)

W.A.Mozart Mass in C Minor, "the Great" K.427
 Carole Bogard (soprano)
 Ann Murray (mezzo-soprano)
 Richard Lewis (tenor)
 Michael Rippon (bass)
 Amor Artis Chorale, English Chamber Orchestra
 Johannes Somary (conductor)
Vanguard Classics SVC-94

 ええとですね、こないだ長距離走りまして、で、モーツァルトのミサ物を二枚ほど聞きました。で、これはそのとき聞いた二枚目の方。
 1枚目は割と新しい録音で、いわゆる古楽器演奏のなんですが、なかなか心地良くて典雅な演奏。メインはK.317の「戴冠式ミサ」、ハ長調。んで、その後にこれを聞いたんですが、うぉう。重い。ずっしり。
 録音も古いですけどね。1975年。イングランド室内管弦楽団(一般にはイギリス....なんすかね)とは言いながら、この頃の演奏と約20年ほど後の古楽器演奏とじゃ軽やかさは段違い。ただまぁ、曲想が随分違いますけどね。

 いや本当に、単に演奏様式と言うか楽器や奏法の問題もあるにせよ、戴冠式ミサの明るく華やかな演奏の後にこちらを聞くと随分と違う。まぁ、ザルツブルク向けと、ウィーンでの上演されれば大舞台を想定、というのとでは随分違うんですけどね。
 華やかと言えば華やかなんだけど、同時に重厚。ええ勿論、演奏のスタイルが違うのはありますけど、まぁやっぱり聞き応えのあるのはこちら。もっとも、これ、私が聞いてもスタイルが古いと言うか、重たいなぁ、という感じは否めません。管弦楽の音の抜け方が違うと言うか、戴冠式の方の古楽演奏が空に抜けていく感じとするなら、こちらは教会かコンサート会場か、いずれにせよちゃんと決まった空間でがっしり鳴ってますという感じ。
 結局自分はこういうタイプの音楽の方が好きってことなんだろうかと思ったりするのであります。(笑)

 お薦め......かなぁ.................まぁ、あまり一般的ではないと思います。




AUTHOR: 丘 URL: http://ameblo.jp/crest-my7/ DATE: 03/14/2006 13:56:28 はじめまして。貴ブログをつい最近知りました。よろしくお願いします。
モーツアルトの大ミサはいい曲ですね。大好き! 同じ未完成の作品でも
「レクイエム」より気に入ってしまいました。
先ずガーディナーではまって、以来バーンスタイン、フリッチャイと・・・。
どれもいいですが、特にガーディナーの「Et incarnatus est」のソプラノは
何度聴いても惚れ込んでしまいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

verdi

Author:verdi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブックマーク
FC2カウンター
118,000アクセスくらい+
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード